千年企業研究会

2017
2016
バックナンバー
第53回

財務分析について(4)

■借入金の適正額について

安全性分析に入る前に、収益性分析における借入金の適正額について取り上げたいと思います。設備投資に関する借入額については次の式で算出されます。

『 設備の借入額÷(当期利益+償却費)= 7~8年(妥当な水準)※ 』
※業種によって異なり、メーカー等では7年、不動産賃貸業等では10年が目安となる。

例えば、借入額が1億5000万、当期利益が500万、償却費が1000万円だった場合、算出結果が10年となり、金融機関等は「過大な借入である」といった判断をします。借入額の総額の適正額は次の式となります。『 借入額の総額÷月商 = 』で算出される数値で業種ごとに判別されます。メーカーなら3倍、商社なら6倍が適正というように、ひとつの水準として用いられます。借入額が多いということは金利も増えますので、収益性に影響します。ひとつの視点として覚えて頂きたいと思います。

■安全性分析について

安全性分析とは、その企業が倒産しないか、という点について分析するものです。まずは「現預金の残高(3ヶ月定期まで)」が挙げられ、これに勝るものはないという側面もあります。しかしながら、様々な指標がありますので、これらについて取り上げたいと思います。

(1)自己資本比率 【 自己資本 ÷ 総資産 】
資産勘定における自己資本の割合を示すもので、高ければ高いほど良いとされています。同時に、その資本の内容が確かであるかも重要です。経営者として評価される項目ですので、少しでも良く見せたいという心理が働きますが、扱いを誤れば逮捕されることもある為、十分な注意が必要です。

(2)流動比率 【 流動資産 ÷ 流動負債 = 200%以上が理想 】
流動資産は1年以内に現金化できる資産、流動負債は1年以内に返済しなければならない負債で、いざというときに流動資産を売って流動負債を返す、という面で見た安全性の指標です。200%以上が理想となるのは、流動資産を半値で売っても返済可能となるからです(2対1の原則)。 また、流動資産の中身に目を向けることを忘れてはいけません。例えば、関連会社への貸付金が挙げられます。貸し付けている関連会社が倒産間近であれば、資産の健全性に問題有りとなります。商品であれば、流行遅れでないか、製造業においては製品、半製品、仕掛品の市場価格の判断によっては価値が変わってきます。

(3)当座比率 【 当座資産÷流動負債 = 100%以上が理想 】
当座資産は3ヶ月以内に現金化できる資産で判断する指標です。こちらもやはり、その内容を注視する必要があります。

(4)固定比率 【 固定資産 ÷ 資本勘定 = 100%以下が理想 】
設備や不動産の購入を短期の借入で賄っていないかを判断する指標です。固定資産を自己資本の枠内にしておくのが理想とされており、無理な借入をしていないかを見る指標と言えます。

(5)固定長期適合率 【 固定資産 ÷(資本+長期借入金)= 100%以下が理想 】
固定比率に固定負債を加味した指標です。なお、これらの指標における固定資産は簿価や実際の投資額で算出することが望ましいとされています。

安全性分析においては上がってきた数字を鵜呑みのするのではなく、中身を注視する必要があります。不良在庫を抱えていないか、含み損はないか等、資産全体に不良がないか確認することが重要です。

2016年7月 開催

ページの先頭へ